1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

このランニングシューズ、まるで月面を歩いているみたい(歩いたことないけど)

GIZMODO / 2021年7月10日 10時0分

写真

Image: BROOKS

ロケット科学じゃないけれど、かなり近い技術です。

スニーカーのBROOKS(ブルックス)が、人類初の月での第一歩にインスパイアされ、超柔らかクッションとソールに窒素を充填したランニングシューズ「BROOKS Aurora」を発売しました。

これはソールが前後2分割されているので、足の裏が伸びたりよじれたりする動きに適応し、とっても軽くて衝撃を効率的に吸収する革新的なスニーカーです。なので、まるで月の上を走るような間隔が得られるとのこと。

この投稿をInstagramで見る

Brooks Running(@brooksrunning)がシェアした投稿

超ソフトな発泡樹脂の収縮と窒素による反発が決め手

この「BROOKS Aurora」は、これまでハイテクなランニングシューズを作ってきた同社のBlueLine Labにて開発されました。やや大きめの気泡の集合体である「DNA LOFT v3」と呼ばれる柔らかい発泡樹脂と、注入された窒素のおかげで、驚異的なエネルギーの反発があるとのこと。それが月の上を走っているような感覚になるのでしょうね。

Run on the moon with the supreme cushion of Aurora-BL from the Brooks BlueLine Lab. Featuring the gravity-defying softness of the nitrogen-injected DNA LOFT v3 and a decoupled midsole for a natural footstrike and smooth ride. https://t.co/nM87EbPknP pic.twitter.com/6mnOssrPuj

— Brooks Running (@brooksrunning) June 17, 2021

ソール全体が柔らかいので踵の着地から、つま先の蹴り出しまで一連の動きがとてもスムーズ。「BROOKS Aurora」にはホワイト/オレンジの男性用と、ホワイト/ピンクの女性用がどちらも2万7500円となっています。

一般的なスニーカーは、いくら軽くて柔らかいといってもソールまでフワフワってほどではありません。ですが、これなら新次元の履き心地が体験できるのではないかと思います。梅雨が明けたら、これを履いてジョギングしたいですね。

Source: YouTube, Instagram, Twitter via BROOKS (1, 2, 3, 4) via uncrate

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング