1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

iPhone 13シリーズがLightning端子継続なことに思うこと #AppleEvent

GIZMODO / 2021年9月15日 5時41分

写真

Image: Apple

USB-C、まだ?

iPhone 13シリーズが発表されました。発表会であまり触れられていませんでしたが、iPhone 13シリーズは充電端子がLightning継続となっています。iPad miniはUSB-Cなのに…。あ、無印iPadもLightning端子です。

USB-Cは転送速度も速いし、汎用性の点でもLightningに比べて優位だとは思います。でも、なぜLightning継続なんですかね。

ひとつ言えるのは、Lightningという規格が「枯れている」という点。つまり、USB-Cよりも安価なのではないでしょうか。知らんけど。iPad miniがUSB-Cなのに、無印iPadがLightningなのは、コストダウンの一環なのかもしれませんね。

iPhone 13シリーズにLightningというのも、このコストダウンの面が大きいのかも。仮にUSB-Cにしたら、もうちょっと本体価格がアップしちゃうのかもしれません。

まあ、僕らはサプライヤーじゃないので、それぞれのユニットの値段なんて知らないんだけど。

あと可能性としては、ユニットのサイズも関係しているのかも。もしかしたら、USB-Cのユニットが大きいから、iPhoneには搭載しづらいのかもしれません。まあ、これも想像なんですけどね。

Lightningのいいところを編集部のみんなに聞いたよ

編集部のみんなに聞いたら、

LightningケーブルはiPhoneしか使ってない人なら一択だから迷わなくていい。

Lightningって名前がかっこいい。

USB-Cは規格がいろいろあるので(Thunderboltとか)、ケーブルによっては使えないこともある。

なんて意見もありました。確かにUSB-Cって複雑で、デバイスによってはケーブルを選ぶこともあります。その点Lightningは心配ありません。

まあ、ゆくゆくはUSB-Cになっていくのかなぁなんて思ったりもしていますが、今のところはLightningとUSB-Cが混在する過渡期ってことで、僕らは2種類のケーブルを使い分けていかなければいけないようです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング