1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. IT
  4. IT総合

ついに「パスワードレス」の世界がきた。「Microsoftアカウント」パスワードが削除可能に

GIZMODO / 2021年9月17日 18時0分

写真

Photo: Florence Ion / Gizmodo US

一番自分を求めてくれる存在、パスワード。

一日に何度も何度も「パスワードくれ」って求められる人生から、マイクロソフトから率先して開放してくれました。マイクロソフトは9月15日(米国時間)、「Microsoft アカウント」からパスワードを削除できるようにしたと発表しました。

マイクロソフトはパスワードから開放される世界を目指していて、これは共感しかありません。パスワードが好きな人なんかいないし、パスワードはハッカーによる攻撃の主なターゲットになります。

マイクロソフトは、今年初めからパスワードレスの認証システムへの移行を進めていて、法人ユーザーはすでにパスワードレスでアカウントにサインイン可能になっていましたが、今回から全てのユーザーが利用可能になりました。

ただしログインするにはMicrosoft Authenticatorアプリ、またはWindows Helloの指紋や顔が必要です。また、外部のセキュリティキーを使用したり、SMSや電子メールによる2要素認証を有効にすることもできます。

マイクロソフト社内でも「自らが実験台となっており、従業員のほぼ 100% がパスワーレスを選択して企業アカウントにログイン」しているとのことです。

今すぐMicrosoftアカウントのパスワードを削除できるようにするには、まずiOSまたはAndroidでMicrosoft Authenticatorアプリをダウンロードし、個人用のマイクロソフトアカウントと紐付けてください。次に「account.microsoft.com」にアクセスし、「高度なセキュリティオプション」を選択します。「追加のセキュリティオプション」の中に、「パスワードレスアカウント」があるのでこれをオンにします。

そして画面の指示に従い、Authenticator アプリからの通知を承認します。この手順でパスワードから解放され、ログインに必要なのはスマートフォンだけになります。パスワードを使いたい場合は、いつでもアカウントにパスワードを追加できます。

20210917_ms2 パスワードレスの未来は、Microsoftアカウントのダッシュボードからはじまる Screenshot: Florence Ion / Gizmodo US

マイクロソフトのブログには、以下のように書かれています。

大企業から一人一人のお客様に至るまで、脆弱なパスワードこそ大半の攻撃の入口となっています。事実、パスワード攻撃は毎秒 579 回もの頻度で発生しており、年間ではその件数が 180 億回にのぼります。

ユーザーにパスワードを捨てさせることができれば、ハッカーの侵入手段を防ぎ、情報漏えいのリスクを減らすことができるので、マイクロソフトにとってもメリットがありますね。

Source: Microsoft via Gizmodo

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング