1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

キングジムが本棚にしまえるオフィス用災害対策セットを開発。多様なニーズに対応できる

GIZMODO / 2021年10月6日 11時30分

写真

Image: KING JIM

仕事用ファイルの横に災害対策セットが並ぶ日常。

オフィス用品のキングジムから、A4サイズの箱に入った災害対策セットが多数登場しました。セットによっては3日分、帰宅用、女性用や簡易トイレ、毛布セットなど充実しており、本棚や机の引き出しにしまっておけます。

手元に備える災害対策セット

どれもコンパクトなので個人で管理しやすく、上からの配給を待たずにサっと使える利便性を考えて作られています。デザインもシンプルで、英語表記もあるので国際色豊かな会社にも置いておけますね。

種類は、6年間保存できるご飯や水、ティッシュ、クッキー、簡易トイレが入った「災害備蓄セットⅡ (3日分)」が1万200円。それらを1日分に減らした「災害備蓄セットⅡ」が4,800円。ナップサックにマスクや水やアルミポンチョや軍手などが入り、自宅までの帰宅を支援する「災害帰宅セットⅡ」が4,000円。宿泊用に体を拭く大判おしぼりやドライシャンプー、歯みがきシートやスリッパなどが収納された「災害衛生セット」が2,700円、そこにナプキンが入った「災害衛生セット(女性用)」が3,500円。水やクッキー、アルミブランケットに簡易トイレなど半日程度の避難に良さそうな「災害備蓄セット ミニ」が2,000円となっています。

211006_kingjim2 Image: KING JIM

また折りたたみ式のヘルメットを中心にした「災害ヘルメットセット」、「災害トイレセット」、「災害毛布セット」、浸水や漏水などに10Lの水を吸わせられる「吸水バッグ(10枚入)」、宿泊用に「ポンプ一体エアーマット」もあります。オフィスやご家庭などそれぞれに必要なセットを揃えておきましょう。

あの日を思い返すと必要性が見えてくる

東日本大震災の時、筆者はバイク通勤で難なく帰宅できたのですが、電車が動かず徒歩で帰る人たちがとにかくたくさんいたのを憶えています。このシリーズには、帰宅途中でまた被災した時に役立つ災害帰宅セットもありますし、諦めて会社に泊まる人たちのための備蓄セットもあるので、大きな会社ほど備えて頂きたいですね。もちろん公共施設や避難所や駅などにも良いですし、自宅に置いても場所を取らないので何種類か備えておきたいと思います。

Source: Facebook via KING JIM

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング