1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 製品情報

こういうのでいいんだよ感。100ドルのモトローラ新スマウォが意外と高機能

GIZMODO / 2021年11月17日 20時30分

写真

Image: Moto Watch

ヘルスケア機能が充実。

市場では「Apple Watch Series 7」や「Galaxy Watch4」などハイエンドなスマートウォッチが話題ですが、それらは気軽に購入できるお値段というわけではありません。それなら、99.99ドル(約1万1000円)で購入できるmotorola(モトローラ)の「moto watch 100」はいかがでしょう?

モトローラのスマートウォッチといえば、moto360シリーズが有名ですね。円形文字盤を採用したファッショナブルなデザインでGoogle(グーグル)のWear OSを搭載し、Apple(アップル)のApple Watchシリーズの強力な対抗馬として知られています。

一方で今回のmoto watch 100ではWear OSではなく、「Moto Watch OS」なるオペレーティングシステムが搭載されているのです。このOSはスマートフォン向けアプリと連動することで、装着者の移動距離や通知の表示などを行なえるとのこと。つまり、スタンドアロン動作というよりもスマートフォンありきな運用となるのです。なお、現在はAndroid用アプリのみが提供されていますが、12月にはiOS用アプリもリリースされる予定です。

廉価な割には機能が充実しているのも、moto watch 100の特徴。ヘルスケア機能としては心拍数や血中酸素濃度、睡眠などモニタリングに対応。また26種類のスポーツ計測にも対応しています。

本体スペックとしては、ケースが42mmのアルミニウム素材で1.3インチの円形ディスプレイを搭載。これに20mmのクイックリリースバンドが組み合わされています。また防滴、防汗、5気圧防水(水深50mまで対応)なども達成。バッテリー容量は355mAhで60分で急速充電でき、最大2週間も駆動可能です。

ヘルスケアやフィットネス機能が充実しており、本体もオシャレで駆動時間も長いmoto watch 100。スマートウォッチを気軽に試してみたいけれど、デザインや機能には妥協したくない…という場合には、うってつけな選択肢となりそうです。

Source: motorola via Gizmodo US

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください