【タイ】メー・ナークという女性の霊が祀られている寺院=多くの参拝客で賑わう

Global News Asia / 2014年9月21日 4時49分

メー・ナークはタイ人の間では実在の人物と信じられている。

 2014年9月19日、プラカノン運河沿いのワット・マハーブットを訪れた。

 ここに祀られているのはメー・ナークという女性の霊。たくさんの人を呪い殺した悪霊でありながらも、幽霊になってまで夫を思い続けた一途な女性でもあり、日中は多くの参拝客で賑わっている。

 このメー・ナークの物語はタイで何度も映画化されている。2013年には「ピー・マーク・プラカノン」というタイトルでリメイクされ、日本の映画祭でも上映された。

【取材/撮影 : 小林ていじ】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング