【タイ】バンコク都心のショッピング・モールで異臭騒ぎ=閉店する店舗も

Global News Asia / 2014年10月22日 8時45分

開店以来ずっと異臭が消えないために体調不良を訴える従業員が続出。閉店を余儀なくされた店舗。

 2014年10月21日、タイメディアによると、バンコクの中心地サイアム・スクエアにあるショッピング・モール内で開店以来、異臭が消えず閉店を余儀なくされた店舗もあるという。

 異臭騒ぎが問題になっているのは、観光客も多く訪れるサイアム・スクエアに隣接するサイアム・ワン。今年6月にオープンしたばかりの新しいショッピング・モールだ。

 記事によれば、卵が腐ったような匂いが建物が開業した当時から消えないという。そのために、体調を崩す従業員もいて、最近になって問題が解決するまで閉店を決めた店舗も現れた。

 また、展示されていた貴金属が腐食する現象も見られ、店舗側はビルのオーナーに公的機関による調査と事態の解決を申し入れている。

 異臭の毒性などの危険性も詳しくはわかっていない。そのため、観光などで近くを訪れる際には、建物に立ち入らないほうがいいかもしれない。

 場所は、BTS(高架鉄道=スカイトレイン)サイアム駅を降りて、サイアム・スクエア側すぐにあり、サイアム・パラゴンの向かい側。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング