【タイ】軍政、一部地域で戒厳令解除の準備

Global News Asia / 2014年11月11日 13時47分

ラオスで開催されたASEM(アセアンーヨーロッパ会議)でのプラユット首相(タイメディアより)。

 2014年11月10日、一部タイメディアによると、プラユット首相が、これ以上の観光への悪影響を避けるために一部において戒厳令の解除を検討していることを、ウィサヌ副首相が明らかにしたという。

 タイ観光業界は、クーデター後の9月に最大7%の落ち込みを記録した。その以前より政府へ戒厳令の解除を進言してきたが、9月頭の時点では却下された。

 しかし、タイ経済の10%を占める観光業は、これからのシーズンを迎えるにあたって、これ以上の落ち込みは死活問題として、政府には戒厳令解除を強く働きかけていた。

 ウィサヌ副首相によると、現在でもまだ戒厳令は必要であるとしながらも、一部観光地については別の法令で対処することによって、解除をする準備ができているという。

 現在の戒厳令下に於いては、5人以上の政治集会が禁止されているが、政府はこれを別の法令でカバーする考えのようだ。

【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング