グローバル交流イベント「国際紅白歌合戦」東京・渋谷で開催

Global News Asia / 2014年11月30日 11時55分

日本アセアンセンターなどの後援で開かれた「国際紅白歌合戦」サプライズゲストとして、コソボ共和国No1ソプラノ歌手Ms.Besa LLugiqiも出演した。

 2014年11月29日、東京・渋谷区で、日本アセアンセンターなどが後援する国際交流イベント「国際紅白歌合戦&GLOBAL GIRLS COLLECTION」が開かれた。会場は、国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟大ホール。

 出演者は、約200人。来場者は約1000人と大盛況で、多くの国から参加者が集まった。

 在日本コソボ共和国AHMET SHALA大使は、「日本の支援に心から感謝しています。最近クェート並みの埋蔵量の油田が見つかりました」と話した。

 主催者はイベント開催の意義について、「日本は今後少子化が進み人口が減少し、さらに今より増して高齢化社会へ突入し、GDPは現在よ主催者はイべント開催の意義について、「日本は今後少子化が進み人口が減少し、さらに今より増して高齢化社会へ突入し、GDPは現在より確実に下降線を推移していくという、決して明るくない日本の将来 を、国民のどれだけの人がご存知かはわかりませんが、早急な解決策として 日本はグローバル戦略をもっと真剣に取り組む必要があるということです。これは政府・内閣も推奨してる留学生30万人計画にもあり、現在も関係各省庁が推進しております。 わたしたちは日本の将来や子どもたちの未来のためにも、また諸外国の親善・友好のため日本で留学生が在学中の活動としてスタートし、今後日本で在住していく外国人やまたそこに関わる地域社会のかたたちと文化交流を目指したのが 国際紅白歌合戦 ×グローバルガールズコレクションです。

 このイべントを通して日本で学ぶ留学生が日本の文化にさらに興味を持ち、 それをイベントステージで日本の歌や踊りを披露してもらう。 また日本のアニメ、オタク、かわいい、などの最近の日本のトレンドを ステージで演出するのがグローバルガールズコレクションです。 これにより、今後 大勢の外国人留学生が参加することができ それは、必ず母国で話題になり日本文化が世界へと広がり、日本に来る 留学生を増やすことが出来る可能性になると私どもは確信しています。 日本と近隣諸国が関係しさらに諸外国へとコミュニケーションをつなげ 我々の次の世代の子どもたちにグローバルな意識をもたせ、また それによって日本の存続が諸外国の人たちとつながることで、より活性化し コミュニケーションの豊かな文化が生まれ、よりよい日本の未来が形成される という概念で臨んでおります。 あまりにも小さな1歩ですが国際紅白歌合戦グローバルガールズコレクション の想いにひとりでも多くの方が賛同して頂きたいと願っております」と話している。

 ゲストアーティストとして、コソボ共和国No1ソプラノ歌手Ms.Besa LLugiqiや、Mr.& Mrs. Valton Beqiri Former Minister of Culture, Youth and Sport / 元スポーツ文化大臣。 Mr. Fatimit Makolli, famous player,Of Kosovo traditional guitar “Cifteli”。Tokyo Funky 5。AYA-G-CUP。CHU-Z。メイダニ。名倉七海などが出演した。
【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング