【タイ】空港から市内へのタクシー料金、バンコクが世界最安=成田は世界一高い

Global News Asia / 2014年12月16日 15時29分

乗車拒否は当たり前。それはメーター料金が安いから。ドライバーは開き直っている(タイメディアより)。

 2014年12月16日、インターネットのホテル予約サイト、ホテルズドットコムが、世界主要都市の空港から市内へのタクシー料金を調査したところによると、バンコクが世界最安であることがわかった。

 バンコクのスワンナプーム国際空港から市内中心部までの距離は約27キロ。タクシー料金は約980円。平均乗車時間は40分。2位は北京で約1780円だった。また東京(成田)は、2万円以上とアジア主要都市の中ではダントツに高い。

アジアのその他の主要都市
空港から市内中心部までのタクシー料金 (距離/平均乗車時間)

1: バンコク (スワンナプーム国際空港) 約980円 (27キロ/40分)
2: 北京 (北京首都国際空港) 約1780円 (30キロ/28分)
3: シンガポール(チャンギ国際空港) 2020円 (18キロ/25分)
4: 台北 (台湾桃園国際空港) 約3560円 (47キロ/42分)
5: 香港 (香港国際空港) 約4500円 (40キロ/30分)
6: ソウル(仁川国際空港) 約4650円 (58キロ/66分)
7: 東京 (成田国際空港) 約2万2700円 (71キロ/60分)

 バンコクのタクシー料金は12月13日に値上げされたばかり。しかし、それでも2位の北京に届かないだろう。ただし、この調査は渋滞を考慮しておらず、悪名高い渋滞には、場所によっては、メーター料金で約1500円(約400バーツ)ほどになることもある。それでも、最安には変わりはなく、バンコクのタクシー料金がいかに安く設定されているかを実証した調査となった。

 また、アジア以外の都市と比較しても、南米コロンビアのボゴタ約830円に次ぐ2位。しかし、こちらは9キロと少し距離が短いため、実質的には世界一都心へのタクシー代が安い都市と言える。逆に成田空港からのタクシー代は、世界一高い。
【翻訳/編集 : そむちゃい吉田】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング