【エアアジア機 墜落】ブラックボックスの回収を急ぐ

Global News Asia / 2015年1月1日 20時30分

エアアジアA320型機。

 2015年1月1日、2014年12月28日午前6時17分(日本時間8時17分)に消息を絶ったインドネシア・スラバヤ発シンガポール行の、エアアジア8501便(乗客乗員162名)エアバスA320型機の捜索が続いている。

 現地メディアによると、墜落したのはレーダーで最後に機影を確認できた位置から東へ約10キロの、カリマンタン島南西部沖の地点周辺と見らており、海底にはエアアジア機の残骸があるとの見方が強い。ブラックボックス(墜落までの操縦席での会話を30分以上録音した『ボイスレコーダー』と、位置・方向・スピード、パイロットが操縦桿を握る握力など、飛行データを記録した『フライトレコーダー』)の回収を優先して行う。

 ブラックボックスには、発信周波数37.5キロヘルツの水中位置信号送信機(音響発信機・バッテリーは30日間持つ)が取り付けられており、この信号を受信する設備を持つ船が現地で捜索にあたっている。信号をキャッチた後にダイバーを潜水させて、ブラックボックスを回収し事故原因の究明を急ぎたいとしている。

【編集 : 高橋大地】

Global News Asia

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング