世界の仲間と歌おう「国際紅白歌合戦」ー10月18日に東京・代々木で開催

Global News Asia / 2015年9月3日 9時0分

昨年の様子、インドネシアのグループも熱演。

 2015年10月18日、世界の仲間と歌おう「国際紅白歌合戦」が、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで開催される。

 今年で5回目を迎えた国際交流イベント「国際紅白歌合戦」は、日本人が外国語で、外国人が日本語で歌うことで、国際交流と相互理解を深める。20カ国以上の大使も参加を予定している。

 主催委員会の宮崎計実さんは「外国人観光客も大幅に増えていますが、まだまだ日本に住む外国人と日本人がともに作り上げていくイベントはほとんどありません。私たちは、日本に住む外国人と日本人がもっともっと交流し、新しい日本社会を作っていき、『日本は優良な外国人にとっても住みやすい国』ということを発信することが、日本のファンを今後も増やしていくことになると思っています」と話す。

開催日時 2015年10月18日(日) 15:00-21:00
開催場所 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟大ホール(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
主催 国際紅白歌合戦実行委員会 
後援 外務省 観光庁 国際機関日本アセアンセンター 東京都 

協力 国際交流多言語マガジン『globalcommunity』、『shimto』『月刊留学生』『日本僑報社』『ひらがなタイムス』、多文化共生情報誌『イミグランツ』・ふくしま国際メディア村・株式会社ニューコム その他エスニックメテ゛ィア。NPO在日外国人情報センター NPO多文化家庭支援センター・日中児童交流協会・山元学校・財団法人アジア会館・永生病院・在日アセアン青年ネットワークなど。

【編集 : TY】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング