【ベトナム】ベトナム人気質? バイクをきれいに並べる人々

Global News Asia / 2015年11月27日 13時0分

駐車係がいるにしても等間隔にきれいに並べられたバイクは交通マナーの悪さから見ると信じがたい光景だ。(高田胤臣 撮影)

 2015年11月27日、ハノイの街を歩いていると、ちょっと奇妙に感じることがある。歩道に停められているバイクの駐車の仕方だ。線を引いたようにきっちりと等間隔できれいに並べられている。

 ハノイの街中はとにかくバイクが多い。また、信号もほとんど無視の状態で、青信号で渡っていても前後左右をしっかり見ながら出ないと道路を渡ることはできない。それほど運転マナーが悪い。にも関わらず、バイクの駐車だけは非常にきれいだ。ベトナム人の気質がそうさせているのか、狭い路地や歩道を有効に使うためにそうなったのか。

 様子を見ていると路上のほとんどに駐車係がいて勝手に停めることはできず、ちゃんと整理券を受け取り、場合によっては駐車料を支払わなければならない。しっかりと管理されているのできれいに並んでいるというのはあるかもしれない。

 夜の繁華街などは学校や公民館のような建物が駐車場になり、そこにどんどんバイクを押し込んでいくのだが、きれいに並べているため帰りも駐車しているバイクの数に比べて出しやすい。在住日本人の話では、きれいに並べずに適当に停めた際、怒った誰かにタイヤの空気を抜かれるという嫌がらせを受けたという。

 病院などは待ち時間が長いため建物の外で座り込んでいる人が多いが、誰もが直接地面に座らず、小さなカフェの椅子に座ったり、わざわざ自分の履き物を脱いでその上に座っている。

 妙なところでしっかりしているのがベトナム人気質なのかもしれない。

【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング