「タイネットワーキング」開催(4)=タイ国政府観光庁

Global News Asia / 2014年4月4日 10時30分

タイ国政府観光庁マーケティングマネージャー藤村喜章氏は「タイランド アップデート」について講演した。

2014年3月28日、日本アセアンセンター(東京都港区)で「タイネットワーキング」が開催された。定員の120名を大きく上回る400名近くの応募があったという。国別ネットワーキングは、1月にマレーシア、フィリピン、2月のラオス、3月のインドネシアに続き5か国目の開催となる。

タイ国政府観光庁マーケティングマネージャー藤村喜章氏は「タイランド アップデート」について講演した。藤村氏による講演の要旨は以下の通り。

タイは、年間150万人の日本人が訪れる人気の観光地の一つである。そのタイは、人口が日本の約半分、面積は日本の約1.4倍あり、公用語はタイ語、通貨はバーツ。季節は、4月から5月は体感で40度の暑期、6月から10月はグリーンシーズンと呼ばれる雨期、しかしながら植物や果物が実る時期なので景色が美しい。11月から3月は乾期であり、平均気温27度で、タイにとっては冬となる。

時差は2時間遅く、29泊30日までは無査証で滞在できる。(ビザは不要。)タイの玄関口はスワンアプーム空港であり、2006年まで使用されていたドンムアン空港は現在LCC(格安航空会社)の発着空港として使われている。現在タイ人の日本への渡航者が、2013年には47万人で対前年の7割増しとなっている。このことから、タイからのフライトは増加してる。バンコクと札幌や運休となった仙台など新しいルートが開設され、羽田空港からバンコクへも1日各社2便となり、純増している。それに加え、アジアアトランティックエアラインやアジアンエアーなどがチャーターベースで運航してる。今後は、タイからのLCCも運航予定である。

今回の非常事態宣言の解除により、バンコクの渡航がわずかではあるが、ビジネス客やリピーターが渡航することで増加傾向にある。タイには、バンコクだけではなく、北部のチェンマイや南部のプーケットやサムイ、バンコクから行けるパタヤやホアヒンなど人気のビーチやリゾートがあることも知って欲しい。それらの観光地へは、ソウルや香港、シンガポール、上海などを経由して行くことができる。また、新しいところでは、クラビやカオラックなどのまだまだ知られていないビーチリゾートもある。ぜひバンコク以外の観光地に目を向けて欲しい。

MICE(Meeting「会議・研修・セミナー」、Incentive tour「報奨・招待旅行」、ConventionまたはConference「大会・学会・国際会議」、Exhibition「展示会」)は、報奨旅行などすぐに政情不安により影響がでるビジネスであり、取り戻すのに時間がかかる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Global News Asia

トピックスRSS

ランキング