在日・外国人も利用できる「Go Toトラベル」東京発、新幹線で北海道函館へ

Global News Asia / 2020年11月13日 10時30分

集合場所の東京駅日本橋口で、クラブツーリズム・スタッフから、検温を受け、新幹線チケットや、地域共通クーポンを受け取る

 2020年11月13日、日本で暮らす外国人(約56万人)も、お得な「Go Toトラベル」を利用して日本国内旅行が出来る。

 東京駅9時36分発の[はやぶさ13号]に乗車すれば、新函館北斗駅で[はこだてライナー]に乗換、函館駅には14時2分着。所要時間は4時間26分。来月から、JR東日本とJR北海道は「北海道新幹線5周年記念」「東北新幹線全線開業10周年記念」を含めてキャンペーンを開催する。

 函館は新鮮な海産物が安価で買える朝市が人気で、新型コロナ感染が無ければ多くの観光客が訪れる地域だ。

 外国人のDさんが購入したパック旅行は、クラブツーリズムが発売している『異国情緒溢れる 函館フリープラン リソル函館宿泊・朝食付きプラン 3日間』一人部屋利用・40,400円。GoToキャンペーンの給付金14,000円を差し引き、支払金額は26,400円。新函館北斗駅ー函館駅間JR在来線運賃440円は別途支払うことになるが、地域共通クーポン6,000円が貰えるお得な旅だ。 

 東京駅日本橋近くの集合場所で、クラブツーリズムのスタッフから体温検査をされ体温が平熱のの範囲内であることが確認された後、新幹線のチケットや、使いやすい紙の地域共通クーポンを受け取った。

 11月12日の北海道での新型コロナ感染・陽性確認者は、これまでで一番多い236人だったが、札幌市内での感染者が多く、函館行きのこのコースではキャンセル客は無く、予定していた18名は全員参加した。

 1,000円以上の高価格な駅弁が増えているため、味や品質は少々落ちるが、集合場所近くのコンビニで約400円の弁当や1リットル入りのお茶を事前に購入した。新幹線プラットホーム23番に向かう。

 車内には咳きこむ人もいるため、新型コロナ防衛のため持参した携帯加湿器の使用を始めた。普通指定席は混み合っており、80パーセントぐらいの乗車率だ。

 新型コロナ感染防止の観点から、車掌や車内販売スタッフから繰り返し注意喚起の車内放送がなされていた。

【編集 : LM】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング