国際協力銀行、浜松鉄工のベトナム法人に融資=総額約2億円

Global News Asia / 2014年7月31日 14時25分

浜松鉄工は自動二輪・四輪車用部品を中心に製造・販売を行なっている。

 2014年7月29日、国際協力銀行(以下、JBIC)は、「海外展開支援融資ファシリティー」の一環として、浜松鉄工株式会社(以下、浜松鉄工)のベトナム法人である浜松ベトナム株式会社 (以下、HTVN)との間で、JBIC分の融資として200万米ドル(約2億円)を限度とする貸付契約を締結した、と発表した。

 本融資は、浜松鉄工がベトナムのフンイエン省に2012年11月に設立したHTVNの自動二輪車部品等の製造・販売事業に必要な資金を融資するもので、民間金融機関との協調融資となる。

 浜松鉄工は、自動二輪・四輪車部品等の製造・販売を行なう中小企業で、アジア地域の経済成長を背景に自動二輪車等の需要拡大が見込まれるベトナムにおいて、HTVNを通じた同事業の拡大を目指している。

 本融資は、こうした浜松鉄工の海外事業展開への支援を通じて、日本の産業の国際競争力の維持・向上に貢献する。
【編集 : YK】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング