【タイ】OKIグループ・マングローブ植林に107名参加=サムットサーコーン県

Global News Asia / 2014年8月14日 17時3分

マングローブ植林は800平方メートルにわたる、周りに生物が集まり豊かな生態系が育まれるとともに、高波や津波に対する防災効果が見込める。

 2014年8月14日、OKIグループのプリンタ事業会社OKIデータ(東京都港区)は、生産拠点のあるタイで、海岸地域の環境保護のため中部のサムットサーコーン県にある海岸にマングローブ200本の植林を実施した。植林活動には、OKIプレシジョン・タイランド(タイ・ランプーン県、以下 OPNT)の社員107名が参加した。

 1996年に設立したOPNTは、年間70万台のドットプリンタ用印字ヘッドとSPモータを生産し世界各国へ出荷する主力生産拠点で、これまでにも植林をはじめ地域社会への貢献活動を積極的に実施してきた。

 今回の植林活動は、海岸地域の環境保護に対するシリキット王妃の提案に賛同したもので、タイ政府が重点地域として指定した中部のサムットサーコーン県サハコーン村で専門家の指導の下、実施した。マングローブ植林は800平方メートルにわたり、これにより周りに生物が集まり豊かな生態系が育まれるとともに、高波や津波に対する防災効果が見込める。

 OPNTは、地域社会貢献活動として、これまでにタイ北部のチエンラーイ県で植林やランプーン県で水堰止め柵の設置などを実施。また、地元住民の子供が通う学校への義捐金援助や筆記用具の寄付や飲用水ろ過設備の設置などを行っている。今後も、地域貢献活動に積極的に参加すると同時に、緑化運動の推進、学校援助等を継続的に実施していく予定。

 OKIグループはこれからも、世界中の森林の持続可能な経営・保全に向けて、地域に根ざした環境保護活動を継続していく。

【編集 : 安麻比呂】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング