【ベトナム】ブライセン現地子会社「ISO9001・ISO27001(ISMS)」を取得

Global News Asia / 2014年8月19日 9時41分

ベトナムのフエでは、初の取得になるISO27001(ISMS)。ベトナムでのオフショア開発などで万全のセキュリティと開発品質を確保するため。

 2014年8月18日、株式会社ブライセン(東京都品川区)は、ベトナムに開設している100%子会社BRYCEN VIET NAM(ベトナム・フエ)が、ISO9001 とISO27001(ISMS)を取得したことを発表した。

 BRYCEN VIET NAMは、ベトナムでのオフショア開発などで万全のセキュリティと開発品質を確保するためISO27001 を取得。フエでは、初のISMS の取得となった。

 ブライセンは、2009 年にベトナム支店を開設して以来、日越連携での雇用・産業育成の一助として、ベトナムでの事業活動を積極推進している。BRYCEN VIET NAM は、2013 年8 月にこれまで在った支店を、現地法人化したもので、ベトナム・フエ市最大級のIT企業として、オフショア需要へ対応するとともに、成長著しい東南アジア諸国を顧客としたIT ソリューション提供を推進している。

 ブライセンは、1986年の設立以来、データベース技術を核とした組込みシステム開発やオープンシステム開発で実績のあるソフトウェアベンダ。自社プロダクトの組み込みデータベース「Linter」は、4000万台超の機器に搭載された実績がある。自社開発したPOS情報解析サービス「b-LuckJobber」は独自の販売数量予測エンジンによって、小売業の機会損失や過剰在庫を防ぐことのできる画期的なソリューションを提供している。

【編集 : 安麻比呂 】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング