【タイ】御曹司の代理出産=インターポールが日本警察に個人情報の提供要請

Global News Asia / 2014年8月30日 9時58分

日本人男性の代理出産問題で、多くの子供を誕生させた目的の解明に、インターポールも。国際的の大きな関心事を集めている。(写真は、タイマッサージの発祥地と言われている、バンコクのワットポー涅槃仏)

 2014年8月30日、タイメディア関係者によると、日本人男性が代理出産で多くの子供を誕生させた問題で、インターポール・国際刑事警察機構(ICPO)が、日本の警察当局に24歳の日本人男性の個人情報の提供を要請していることが分かった。

 タイのICPOの幹部は、「日本人男性が香港の身分証明カードやカンボジアやインドのパスポートを持っているとの情報がある。多くの子供を誕生させた日本人男性の目的を確認するために、周辺の情報を調べている。また、日本側に男性の個人情報の提供を要請するなど、関係している各国との連携を強めて問題の全容を解明していきたい」と話している。

 日本人男性が、タイでの事情聴取に躊躇して、日本での事情聴取を要望している件について、「タイでの事情聴取を受けてもらうのが普通だか、日本当局の判断によっては、日本で男性の事情聴取をおこなう可能性も無いわけではない」と述べている。

【編集 : 朝日音然】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング