【タイ】中国人観光客が減少=東南アジアのイメージ悪化が要因

Global News Asia / 2014年9月15日 11時37分

マナーなどの問題もあり、歓迎されない中国人観光客だが、観光業の大きな収入の柱。ハードルは高いがタイへの観光客誘致にはイメージ戦略が重要になる。

 2014年9月15日、中国メディア関係者によると、タイへの観光客が減少している。

 人気の高かったフィリピン→タイ→マレーシアの3カ国を周遊するパッケージツアー(ゴールデンルート)が、マレーシア航空機が不明になったことや、フィリピンとの領海紛争、タイの政情不安などでイメージが悪化しているためで、中国国内でのテレビや新聞報道の影響が大きい。

 中国の大手旅行予約サイトでは3割引のキャンペーンをスタートさせたが、それでも客が集まりにくい状況だ。

【編集 : 朝日音然】

Global News Asia

トピックスRSS

ランキング