舞妓も御用達の「南禅寺 順正」で豆乳から豆腐を手作り

ぐるなび / 2013年10月8日 18時10分

写真

南禅寺 順正

10月6日の「旅ずきんちゃん ~全日本のほほ~ん女子会~」(TBS系、毎週日曜午後11時半)では、「京都 通が楽しむ名店めぐり」としてタレントの大久保佳代子さん、バービーさん、椿鬼奴さんが祇園を歩き、京都市左京区の会席料理店「南禅寺 順正」を訪れた。

 国産大豆の100%搾りたて豆乳から自分で豆腐を作ることができると聞いた一行は、舞妓さんも御用達だという「南禅寺 順正」を訪れ、「おてまえ豆腐」コースに挑戦した。同コースでは、出された豆乳を5分間ほど湯煎し、温度が均等になるようヘラで軽くかき混ぜる。砂時計を見ながら5分経ったら火を止め、にがりを加えながら軽くかき混ぜ、ふたをしてさらに5分待つ。こうして完成した出来立て豆腐を口にした大久保さんは「おいしい~。黒蜜をかけたら、スイーツとしていけるぐらいの口溶けと、ほどよい甘さ」とコメントした。

 自分たちで作った豆腐を味わいながら、大久保さんは「豆腐店では毎朝、こうして苦労しているんだろうね」とコメント。かつて合コンで知り合った相手が豆腐店の息子で、結婚したら自分も毎朝、豆腐作りをするのだろうか……などと考えていたそうだ。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング