鈴木砂羽&柳原可奈子が感動 あっさりだけど肉のうまみがつまったビーフシチュー

ぐるなび / 2013年10月22日 21時10分

写真

筆や

10月20日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(ABC・テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)で、女優の鈴木砂羽さんと女芸人の柳原可奈子さんが、東京の下町散歩スポット「谷中・根津・千駄木」で「だけど食堂」を探し、「筆や」(東京都台東区)を紹介した。

 2人は「店主が筆職人だけどビーフシチューを作らせたら絶品の店」として谷中にある「筆や」を訪れた。同店は老舗の筆職人であるオーナーシェフの高山繁さんが、趣味の料理好きが高じて、16年前から洋食店として始めたという。登場した「特製ビーフシチュー」に2人のテンションも上がる。牛すじや香味野菜を使ったデミグラスソースに、2日間煮込んだ国産和牛を入れてさらに煮込んだもの。

 2人は肉の柔らかさに感動し、鈴木さんは肉が口の中であっという間に溶けるようになくなったことに驚いていた。鈴木さんが「まろやかだけどビーフシチューのうまみが味わい深い」というと、柳原さんは「意外にあっさりしていてすいすい食べられる」とコメントした。店主によると食べやすいように、あっさり仕上げているという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング