兵藤ゆきを感動させたボリューム満点の「カツ丼」

ぐるなび / 2013年11月25日 17時10分

11月20日の「にっぽん!いい旅」(テレビ東京系、毎週水曜午後8時)では、「秋色の日本列島へ… 紅葉と湯けむり旅情」として秋の特選コースを紹介。タレントの島崎俊郎さん、兵藤ゆきさん、森尾由美さんが栃木県から福島県を旅し、栃木県日光市の食事処「なかや食堂」を訪れた。

 龍王峡から五十里ダムを巡った一行は、バスで湯西川温泉に到着。地元の人に昼食におすすめの店をたずねたところ、よく食べに行く「なかや食堂」を教えられた。一般的な食堂の店内で、3人は“木杓子”が販売されていることに目をとめた。地元名産の“木杓子”は同店のおじいさんが手作りしたものだが、既に亡くなられ、残っている商品がなくなると販売も終わってしまうとのこと。この店の木杓子の伝承者はおらず、おじいさんが最後の職人だったという。3人は、地元の人にすすめられた「カツ丼」を注文することにした。おじいさんの誇りと情熱を持って仕事に取り組む精神は、同店自慢の「カツ丼」にも受け継がれている。カツは注文を受けてから揚げ、先代が生んだ秘伝のタレで煮込む一品だ。

 兵藤さんは「具(カツ)が、すごいじゃん。俊(=島崎さん)の手ぐらい大きい(笑い)。半分以上が具で、ごはんが見えないよ」とコメント。ボリューム満点の「カツ丼」に、島崎さんと森尾さんも「肉がすごく柔らかいね」と大満足だった。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング