勝俣州和も太鼓判を押す岩手三陸の食材だけを使った「秋刀魚だしラーメン」

ぐるなび / 2013年11月25日 18時10分

写真

秋刀魚だし黒船

11月23日の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、毎週土曜午前8時)では、「俺のひとっ風呂」企画としてタレントの勝俣州和さんが岩手県を旅し、大船渡市のラーメン店「秋刀魚だし 黒船」を訪れた。

 大船渡市の盛駅でおいしいラーメン店があるとの情報を得た勝俣さんは、“第15代大船渡つばき娘”として大船渡市の観光大使を務める山崎素子さんとともに「秋刀魚だし 黒船」を訪問した。山崎さんも大好きだという名物の「秋刀魚だしラーメン」は、大船渡産のさんま節と鶏ガラからとったスープに、岩手県産の小麦で作る特製めんを合わせたラーメン。地元の食材だけを使った、こだわりの一品だ。さんま節のラーメンを考案した店主・岩瀬龍三さんは「大船渡でしかできないラーメンという発想だった」とその成り立ちを紹介した。

 試食した勝俣さんは「うわあー、うまみの層が何段にも重なって、サンマのおいしい香りがフワッとふくらんでいく。うん、おいしい! 東京のどんな激戦区に持っていっても勝負できる」と絶賛。大満足したあとは、漁師が営む民宿露天風呂・海楽荘に向かった。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング