全国から客が集まる山奥にあるしいたけ料理 U字工事絶賛

ぐるなび / 2013年12月4日 12時10分

11月28日の「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系、毎週木曜午後7時)で、お笑いコンビの「U字工事」が全国から客が集まる「秘境めし」を求めて、群馬県渋川市にある「きのこ茶屋」を訪れた。

 第1位となった「きのこ茶屋」を探しに桐生駅にやってきたU字工事は、街の人に聞き込み、次のバスまで50分待ちだったため歩くことにした。山道に入ってから30分歩き、「きのこ茶屋」に到着した。

 この店の秘境めしは「きのこの炭火焼コース」(1人前5000円)。群馬県桐生市はしいたけが特産品で、季節に応じて数十種類のしいたけが生産されている。肉厚のしいたけに塩をかけ炭火で焼き、ヘタの部分を手づかみして豪快に味わう。益子卓郎さんは「甘みがすごい。しいたけをしっかりと感じられますね」とコメント、福田薫さんは「しいたけのステーキみたいだ」と絶賛した。

 また、この日は特別にマツタケも出してくれた。塩とすだちでいただいた福田さんは「小さいマツタケとは香りが違いますね」とコメントした。ほかにも、鳥のトキに似たピンク色をしているためこの名が付いたといわれているトキイロヒラタケはしょう油だれで、ウラベニホテイシメジは「きのこ汁うどん」で味わった。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング