肉汁があふれる神戸ビーフを使ったハンバーグランチ 谷原章介も絶賛

ぐるなび / 2013年12月2日 17時10分

写真

和風 鉄板焼 いいさいいさ

11月30日の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時半)で、鉄板焼きのぜいたくランチを特集し、リポーターの竹内佳菜子さんと早川真理恵さんが東京都渋谷区にある「鉄板焼き いいさいいさ」を訪れた。

 JR代々木駅南口から歩いて2分のところにある同店は、今年9月にリニューアルオープンした。店内には特注で作ったという半円形の鉄板が二つあり、高級感あふれる雰囲気の中で「チーズせんべい」「生麩田楽」「焼シーザーサラダ」など、鉄板を生かしたさまざまなメニューを提供している。

 この店の一番のこだわりは「神戸ビーフ」。1頭買いで仕入れているため極上のお肉をお得にいただくことができる。ランチで人気のメニューは「いいさいいさ特製ハンバーグ」(1000円)。竹内さんは「すごい。肉汁が滝のようにあふれ出る。ジューシーなだけじゃなく、しっかり“肉々しさ”もある」とコメントした。ハンバーグはもちろん、日替わりのつけあわせも人気で、「神戸牛のあぶり焼サラダ」や「神戸牛のビーフジャーキー」などが付いている。

 スタジオには同店の斉藤信一朗シェフが登場し、神戸牛ハンバーグなどを振る舞った。MCの谷原章介さんは「柔らかい。おいしいですね」と堪能していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング