コンソメスープとフグ 和とイタリアンが融合した「洋風フグ鍋」に柳原可奈子が舌鼓

ぐるなび / 2013年12月3日 17時10分

12月1日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(ABC・テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)で“この冬食べたい鍋”を特集し、女優の鈴木砂羽さんとお笑いタレントの柳原可奈子さんが、東京都品川区の「居残り連」を紹介した。

 2人は「イタリア料理店“だけど”鍋が人気の店」として、北品川にある古民家風のイタリアンレストランの同店へやって来た。出てきたのは人気料理の一つである「洋風フグ鍋」。元和食の料理人という店主は、フグをイタリアンに取り入れたという。パプリカやズッキーニなどの具材が入ったコンソメスープにフグのあらを入れることで、和とイタリアンが見事に融合した鍋に仕上がっている。

 スープを飲んだ柳原さんは「コンソメも感じるけど、フグも感じる。おいしい」と驚いた様子。店主は、トマトリキュールなどをブレンドした同店オリジナルの「トマトポン酢」をかければさらにイタリアン風になると説明。試してみた鈴木さんは「酸味がさわやかだけどイタリアン」と評した。鍋の締めはチーズリゾットにするのがオススメだと店主は話した。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング