見た目も味も大満足のうな丼は椀からはみ出るほどのうなぎが特徴

ぐるなび / 2013年12月4日 18時10分

12月2日の「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前9時55分)で、俳優の加山雄三さんが東京・梅屋敷を散策し、東京都大田区「うなぎ 仙見」に立ち寄った。

 店の前に出ているメニューに書かれた「名物『はみ出し』うな丼」に興味を持った加山さん。同店は地元でも評判の店だといい、うなぎをじっくりと蒸すことによって生まれるふんわりとした食感が人気を集めている。店主は素焼きした後に40分~1時間ほどうなぎを蒸すと説明した。うなぎ採りをしたことがあるという加山さんは、焼いただけで食べたら脂っこかったというエピソードを披露し、同店の調理方法を「素人にはできない」と評した。

 出てきたのは椀の左右の縁からうなぎがあふれ出ているうな丼。うなぎがあふれた理由を加山さんがたずねると、発案者は店主の奥さんだそうで、うな丼を食べた加山さんは「うなぎが柔らかい。タレは甘味を抑えているのが面白い。たくさん食べられてしかたない」と笑いながら感想を述べていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング