杉山愛が初体験したフランスうずらの卵を使う濃厚プリン

ぐるなび / 2013年12月6日 20時10分

写真

うずら屋

12月5日の「ドラばらっ! 特選ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時55分)では、元プロテニス選手の杉山愛さんが「秩父鉄道・西武池袋線の旅」で埼玉県から東京都を旅し、埼玉県所沢市のカフェ「うずら屋」を訪れた。

 秩父から西武池袋線に乗った杉山さんは、西所沢駅で途中下車し、街歩きを始めた。道端に置かれた卵のオブジェが気になって「うずら屋」に入ってみると、フランスうずらを飼育している会社が、うずらの卵による自社開発商品を販売している店舗だった。店内にはカフェスペースがあり、その場で好きなメニューをいただくこともできる。フランスうずらは日本のうずらよりも大きく、体重はおよそ3倍。産みたての卵は、濃厚な味わいだという。杉山さんは、おすすめされた「極上フランスうずらのまったり大人プディング」をいただくことにした。フランスうずらの卵をたっぷり使った濃厚なプリンは、一つ一つが手作り。材料の微妙な混ぜ加減が生み出す三層構造は、上の白い部分が生クリームを多く含む層、真ん中の黄色い部分が濃厚なフランスうずらの卵、最下層がカラメルを使用したビターとなっている。上から順番に食べていくことで、味のバリエーションを楽しめる。

 杉山さんは「うーん、ホントだ、濃厚! すごく濃いですね。こんな濃厚な味は初めてです。(3層で)3回楽しめます」とコメントした。同店では、卵を10個も使った「フランスうずらのぜいたくオムライス」も人気メニューだという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング