食べればスタミナ満点になるという馬肉を使った鍋料理

ぐるなび / 2013年12月10日 15時10分

写真

馬並み家 新橋

12月8日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(ABC・テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)の鍋スペシャル第2弾で、女優の鈴木砂羽さんと女芸人の柳原可奈子さんが東京都港区の「馬並み家 新橋」を紹介した。

 2人は「すき焼きが名物“だけど”馬力がつく店」として、新橋にある同店へやって来た。店名に驚きながらも入店し、馬力がつくという鍋料理「歌麿鍋」を注文すると七輪の上に鍋が乗せられた状態で登場。刺し身でも食べられる新鮮な馬肉を使ったすき焼きで、卵黄とトロロに付けて食べる。まずは熱を加えたニンニクを鍋の中に入れ、そして馬の肩バラを焼き、ニンニクみそだれを注いで作っていく。

 馬肉を食べると「うまい! 脂が甘い」と鈴木さん。柳原さんはニンニクを馬肉で巻いて食べ、そのおいしさに衝撃を受けた。肉の後は鍋に昆布茶を投入し、白菜、春菊などの野菜に南部せんべい、さらに「馬つくね」も入れた具材たっぷりのみそ鍋「野次馬(〆)」にして堪能。ダシがしみ込んだせんべいを食べ、2人とも満足げな表情を浮かべた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング