鍋と焼き肉の最強コラボレーション「米沢豚焼き鍋」を鈴木砂羽と柳原可奈子が絶賛

ぐるなび / 2013年12月10日 15時10分

写真

焼鍋 まつ岡 麻布十番

12月8日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(ABC・テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)の鍋スペシャル第2弾で、女優の鈴木砂羽さんとお笑いタレントの柳原可奈子さんが東京都港区の「焼鍋 まつ岡」を紹介した。

 2人は「鍋を食べに来たの“だけど”焼き肉も楽しめる店」として、不思議な形の鍋をオブジェとして飾っている同店へやって来た。鍋と焼き肉が一緒に楽しめるということで、鈴木さんと柳原さんは興奮気味の様子。ジンギスカン鍋のような鍋に入って登場したのは「米沢豚焼き鍋」で、店長がカツオととんこつのダシを注いでいく。そして中央のせり上がった部分で肉を焼き始めると、柳原さんは「焼肉だ」と驚いていた。鍋には海鮮フカヒレギョーザやエビ団子なども入っている。

 同料理は鍋と焼き肉が両方楽しめる、台湾生まれの焼き鍋。豚肉の脂が鍋に落ち周りにあるスープにうま味を足していく。溶き玉子にしょう油、酢やネギ、ニンニクなどを加えて混ぜたタレが鍋のうま味をさらに引き出すという。2人はタレのおいしさに盛り上がったところで、焼肉から食べはじめた。「柔らかい。肉がふかふか。鍋で蒸しているのに焼いてある」と鈴木さんがコメントすれば、柳原さんは思わず手拍子するほど絶賛した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング