岡村隆史が「辛活」に挑戦 異次元の激辛メニューがある四川料理店「味覚」

ぐるなび / 2013年12月16日 14時10分

12月11日の「午前零時の岡村隆史」(TBS系、毎週水曜午後11時58分)で、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さんが、辛い食べ物を探求し、辛さを乗り越える強い心を養う活動「辛活」に挑戦。東京都港区の「味覚」を訪れた。

 西新橋にある味覚は、異次元の激辛メニューがあるという四川料理店。岡村さんは、TVチャンピオンの激辛通選手権(2008年1月31日放映)のチャンピオンである鈴木浩二さんら辛活を行うメンバーたちとともに来店した。この店の激辛メニューの「頂天石焼麻婆豆腐」を注文すると、厨房からは店員が咳き込む声が聞こえ、店員は「これは本当に辛いですよ」とコメントした。通常の60倍の辛さがあるという頂天石焼麻婆豆腐は、豆板醤、テンメン醤などでベースを作り、これを豆腐が入った熱々の石焼鍋に入れ、2種類の山椒とタイの激辛唐辛子ピッキーヌを入れて出来上がり。

 香りだけで「ウオッ」と声をあげた岡村さんは「口の中に入れるの怖い」とコメント。いざ実食すると、「ウオッ! 辛い! バカだねぇ」と言いながら辛さにもだえ苦しんでいた。辛活メンバーもいただいたが、「おいしいです。だんだんとクセになります」と顔色一つ変えなかった。その後、岡村さんはご飯と一緒に食べたが、やはり辛さにもだえ苦しみ、頭を汗でビシャビシャにしながら「この辛さはクセにならない」とコメントした。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング