日本そばの概念を超えた斬新なメニュー「冷たい肉そば」は並んででも食べたい極上の味

ぐるなび / 2013年12月19日 15時10分

12月17日の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時50分)で独創的かつおしゃれに進化するそば店を特集し、進化系そば店の先がけとして東京都港区の「港屋」が紹介された。

 番組リポーターの佐々木幸恵さんが同店を訪れると、開店前にもかかわらずすでに30人以上の行列ができていた。並んでいる客に店の印象を聞くと「(一般的な立ち食いそばとは)まったく別物。ダシもすごくて、老舗のそば屋と遜色ないようないいダシをつかっている」と回答。店内はバーのような照明でモダンな雰囲気を演出、シックな四角いテーブルをぐるっと囲むように客が並び、そばを立ち食いすることになる。並んででも食べたいそばとは「冷たい肉そば」のことで、取材当日も多くの来店客が注文していた。

 冷たい肉そばには、甘辛く煮たたっぷりの牛肉の上に山盛りのきざみのりが乗せられ、ネギやごまもトッピング。めんはがっしりとしたコシのある太めんが使われている。食べるときはラー油の効いたつけ汁に付けて味わう。「普通のそば屋ではこのピリ辛の味は食べられないので来る価値はある」と来店客はインタビューで答えていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング