名古屋とは違う“浅草流ひつまぶし”に小林幸子も「食べたことがない」と仰天

ぐるなび / 2014年1月6日 13時10分

写真

浅草うな鉄

12月29日の「旅ずきんちゃん ~全日本のほほ~ん女子会~」(TBS系、毎週日曜午後11時半)で“年末年始に食べたい浅草グルメ”を、1000人アンケートを基に番組が選出し、お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子さんとものまねタレントの福田彩乃さん、歌手の小林幸子さんの3人が「浅草うな鉄」(東京都台東区)を訪れた。

 “世界に一つだけ!? 名古屋とは違う浅草流ひつまぶし”が食べられるという同店。約35年前に東京で初めてひつまぶしを出した店といわれている。名古屋のひつまぶしはたまり醤油ベースの濃厚なタレを付けて焼いたうなぎを刻み、ご飯にかけて食べるが、同店のひつまぶしはまったく作り方が違うという。「名古屋と違うのはタレが関東風」と店員が説明すると、小林さんは「名古屋でしか食べたことがないから楽しみ」とコメント。光浦さんは東京スカイツリーなどが見える窓からの景色に感心していた。

 出てきたのは「塩ひつまぶし」。同料理はタレを付けずにうなぎを蒸さずに塩焼きし、ご飯だけにかけるタレもうなぎのダシと藻塩を使った秘伝のタレで、ご飯にかけることでうなぎのうまみが広がっていく。小林さんは「食べたことがない」といえば、福田さんは「甘い」と評した。光浦さんは「さっぱりしているからエンドレスで食べられる」とコメントし、締めのお茶漬けまで心ゆくまで堪能していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング