横浜中華街でブームのきざし 鶏ガラスープを使用したカレーライス

ぐるなび / 2014年1月9日 15時10分

写真

保昌

1月7日の情報番組「朝ズバッ!」(TBS系、毎週月~金曜午前5時半)で、横浜中華街のブームになっているという鶏ガラスープを使用した「カレーライス」を特集し、横浜市中区の「保昌」を紹介した。

 広東料理店の「保昌」では、ランチの一番人気がカレーライスだという。ここで提供しているカレーライスが「牛バラ肉カレーご飯」(850円)。豆板醤(トウバンジャン)の辛味がしっかりと利いた人気メニューで、牛バラ肉がたっぷり入っており、隠し味に「中国しょう油」を使用している。

 横浜中華街で約8割を占める広東料理の店では、カレー粉がよく使われており、店員のまかない料理としてカレーライスが作られていたが、常連客からのリクエストやメニューにたまたま加えたことで、ここ数年、じわじわと人気が出てきたという。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング