散歩の途中に寄りたい東久留米グルメ 濃厚なルーがうまみを引き立てるタンシチュー

ぐるなび / 2014年1月18日 10時10分

1月16日の「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前9時55分)で“散歩で寄りたい東久留米グルメ”と題して東京都東久留米市の「来夢亭」が紹介された。

 西武池袋線・東久留米駅から徒歩15分のところにある同店は、オードブルからデザートまですべて手作りの洋食レストラン。温かい雰囲気の店内で本格的な洋食が楽しめると地元でも評判だという。同店の自慢の一品は「タンシチュー」だ。

 取材班が調理しているところを見せてもらうと、まずフライパンで牛タンの表面を焼いて焦がし、肉のうまみを閉じ込める。続いて、赤ワインやフォン・ド・ボー、ニンジンやタマネギ、セロリにニンニクなどを入れて約3時間じっくりと煮込む。分厚く切られた牛タンは口の中でとろけるほどの柔らかさで、濃厚なルーのコクが肉のうまみを一層引き立てているという。

宴会・グルメ情報検索サイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング