豪快な高知名物「わら焼きカツオのタタキ」が人気

ぐるなび / 2014年2月12日 19時10分

2月10日の「ZIP!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前5時50分)では、「ニッポン生きもの係キャラバン」を担当するタレント・塩川翔世さんが高知県を歩き、高知市の食事処「明神丸」を訪れた。

 塩川さんがやってきた高知市の「ひろめ市場」は、衣類や食料品など60軒以上の店が並び、高知名物の郷土料理なども味わえる人気スポット。店頭でカツオが豪快に焼かれている「明神丸」に目をとめた塩川さんは、「高知に来たからには」と、カツオのタタキを食べることにした。同店でも、高知名物「わら焼きカツオのタタキ」が人気だという。わらを使って高温で一気に焼き上げたカツオは、わらの風味を損なわないように、温かいまま食べるのが通例だという。

 わら焼きカツオの「塩たたき定食」を食べた塩川さんは、「めっちゃウマい! 皮がパリパリだ。わらの香りがすごい。口の中に広がる! 塩と合うんだな、カツオは」と喜んでいた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング