毎日食べても飽きない懐かしくボリューム満点の「名物カツカレー」

ぐるなび / 2014年2月12日 19時10分

2月10日の「スーパーニュース」(フジテレビ系、毎週月~金曜午後4時50分)で激戦区に新業態で参入し、個性で躍進するカレー店を特集し、“カレー激戦区・神田”にある「日乃屋カレー 神田店」(東京都千代田区)が紹介された。

 JR神田駅と秋葉原駅の間の半径500メートル以内はカレー店が乱立し、その数は100軒以上にも上る。神田にカレー店が増えたのは、書店が多く、本を読みながら食べるのにカレーが最適だったなど諸説あるそうだが、実際はっきりとした理由は分かっていないという。カレー激戦区の中でも人気が「日乃屋カレー」だ。一番人気はボリューム満点の「名物カツカレー」で、注文が入ってからカツを揚げるこだわりようで、毎日食べても飽きないと評判だという。来店客は「甘めだがスパイスがピリッとしていて、さらっと食べやすくボリュームもある」とコメント。甘めでスパイシー、家で食べるような味わいで懐かしさを感じさせるのが人気の理由だという。

 湯島にある本店の店主に話を聞くと「日本人の口に合うように一生懸命作り上げている」と話す。企業秘密ながら、和風のダシをカレーに加えているのが味のポイントのようだ。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング