新座の特産品・ニンジンを使った「にんじんうどん」は何度でも食べたくなるおいしさ

ぐるなび / 2014年2月20日 13時10分

1月16日の「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前9時55分)で、歌手で俳優の加山雄三さんが埼玉県新座市を散策し、“散歩で寄りたい新座グルメ”として「堀天」(同市)が紹介された。

 新座市では、特産品のひとつであるニンジンを使った「にんじんうどん」が、市内のさまざまな店で提供されているといい、同店もその一つ。小麦粉にペースト状のニンジンを練り込んだ「にんじんうどん」は、特産品のニンジンを使って何か作れないかと考案されたもので、コシが強くあっさりとした食感が特長だ。

 日本料理の店「堀天」では、「大海老入り あったかにんじんうどん」が食べられる。あっさりめのダシで、ニンジンの香りがコシの強いうどんを引き立てる、見た目も鮮やかな一品。にんじんうどんを考案した「村上朝日製麺所」のスタッフは「非常にたくさんのニンジンを取れますし、一度食べてもらえばもう一度食べたくなるような、食べやすくおいしいうどんになっています」とコメントした。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング