広島のカキ小屋が大ブーム 殻付きを豪快な炭火焼きで堪能

ぐるなび / 2014年2月25日 16時10分

2月23日にテレビ朝日で放送された「日本!食紀行」(毎週日曜午前6時)は、「ぶちうまい! 幻の広島カキ」として広島県のカキを特集し、廿日市市の活魚・海鮮店「島田水産 カキ小屋」を紹介した。

 本場・広島で気軽にカキを食べるならば、瀬戸内海沿いに建つ「カキ小屋」がお勧めだ。旬の冬になると、県内の海岸部には数多くのカキ小屋がオープン。同店で楽しめる焼きガキの食べ放題は、水揚げされた新鮮なカキを、殻付きのまま炭火で豪快に焼くスタイルとなっている。

 ここ数年、カキ小屋ブームが巻き起こっているといい、同店にも全国からファンが押し寄せている。関西から訪れた利用客は、「大きいですよね、やっぱり。今まで食べたカキの中で、いちばんおいしいです」と話していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング