懐かしのナポリタン 超大盛り“赤富士”にびっくり

ぐるなび / 2014年3月7日 19時10分

3月6日の「news every.」(日本テレビ系、毎週月~木曜午後3時50分/金曜午後4時50分)では、特集「昭和の味が看板です 発見! 絶品の喫茶ランチ」で東京都品川区の喫茶店「プランタン」が紹介された。

 五反田駅近くにある「プランタン」は、1977(昭和52)年創業という昔ながらの喫茶店で、1番人気は喫茶店の定番メニューともいえる「スパゲッティナポリタン」。上に乗った半熟の目玉焼きを崩して食べるのがお楽しみで、もちもちの麺にケチャップがよく絡む。ケチャップの水気が飛ぶまでしっかり炒めることで、濃厚な味わいになるという。常連客は「ナポリタンの味が忘れられなくてよく来ます」と話していた。

 同店は、豪快で太っ腹なサービスでも人気を集める。「スパゲッティナポリタン」のボリュームが100円プラスで2倍になるのだ。常連客が“赤富士”と呼ぶほどの山盛りで、重さは約1.2キロ。1人で残さず食べきることが、注文する際のルールとなっている。“赤富士”を注文したリポーターのやない由紀さんは「すごいのが来た! 顔が隠れるんじゃないですか!?」とびっくり。「ケチャップの酸味のあとに、ほのかな甘みが追いかけてきて、濃厚な味わい。卵が絡むとまた、まろやかでいいですね」とコメントしていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング