萩本欽一が「下積み当時は最高の贅沢だった」と語る「アジフライ定食」

ぐるなび / 2014年3月11日 18時10分

3月9日の「ソロモン流」(テレビ東京系、毎週月曜午後9時54分)では、コメディアン・萩本欽一さんに密着取材を行い、東京都台東区の食事処「徳仙」を紹介した。

 東京・浅草は、萩本さんが18歳のころにお笑いの修業を始めた街。久々に訪れた萩本さんは「みんな変わったんだけれど、当時から変わっていない店が1軒あった」と、「徳仙」ののれんをくぐった。こちらは修業時代の萩本さんが通っていた定食屋で、女将さんの雑賀一子さんとは同い年。女将さんとも対面して当時を懐かしんだ萩本さんは、「浅草にいた当時、最高に高い食べ物(ぜいたく)がアジフライだった」という思い出のメニュー「アジフライ定食」を注文した。

 萩本さんは「(アジフライは)僕の中で天国だったの。うまいねえ、変わらないねえ」と、今も忘れられない下積みの味を堪能していた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング