彦摩呂、石塚英彦、ギャル曽根が訪問 麺を炒めた「ちゃーめん」が名物

ぐるなび / 2014年3月20日 17時10分

写真

三幸苑

3月17日の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系、毎週月曜午後9時)で「ディープなグルメの街」として横浜市の野毛が特集され、彦摩呂さん、石塚英彦さん、ギャル曽根さんらが50年前から続く老舗の中華食堂「三幸苑」(横浜市中区)を訪れた。

 野毛周辺を散策した一行は、彦摩呂さんが「おいしいタンメンを出す」と薦める同店を訪問した。野菜をじっくり煮込んだ塩味スープのタンメンは「一度食べたらやみつきになる」と評判。石塚さんは「スープ(のおいしさ)で2キロは走れる」と笑いを誘った。

 続いて店主が薦める「ちゃーめん」が登場。名前はラーメンの麺をチャーハンのように炒めたことに由来している。ラー油をかけ白いごはんにのせて食べる人もいるという。石塚さんは「まいうー! 週に8回は食べられる」とコメントし、彦摩呂さんは「ごはんに合う。ちゃーめんと白ごはんの婚活パーティー」と彦摩呂節を炸裂させた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング