小麦粉を使わないお好み焼き 柳原可奈子が「放課後の味」と表現

ぐるなび / 2014年3月25日 17時10分

写真

津久井

3月23日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(ABC・テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)で鎌倉を特集し、女優の鈴木砂羽さんとお笑いタレントの柳原可奈子さんが、お好み焼き店「津久井」(神奈川県鎌倉市)を訪れた。

 2人は「お好み焼き屋さん“だけど”小麦粉を使わないメニューが人気の店」を探し、鎌倉駅から徒歩1分にある同店を訪問した。さっそく注文すると、出てきたのは「おこめ焼」。店主は、小麦粉の代わりに、しょうゆとかつおだしで炊いた「炊き込みごはんで作る」と説明した。具の鎌倉名産のシラスが味をいっそう引き立てるという。

 焼く際には、バラバラになりやすいため正方形の型を使用。最後に表面に特製しょうゆで味付けしたかつお節を乗せて食べる。鈴木さんは「焼きおにぎりのよう。香ばしくておいしい」といい、柳原さんは「放課後の味」という表現で絶賛した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング