のど越しは日本そばなのに味はパスタ!? イタリアンテイストを盛り込んだそば店

ぐるなび / 2014年3月31日 17時10分

3月27日の「ZIP!」(日本テレビ系、毎週月~金曜午前5時50分)の世間で気になる商品やニュース性のあるサービスなどを紹介する「流行ニュースBOOMERS」のコーナーで“変わり種日本そば”を特集し、イタリアンテイストを盛り込んだそば店「soba Ristorante na-ru」(東京都中央区)が紹介された。

 1月に銀座にオープンした「soba Ristorante na-ru」は、そばにオリーブオイルが合うということから違った形のそば店をつくりたいとオープンしたという。同店のそばを使った変わり種メニューは「アマトリチャーナそば」。番組リポーターの吉田理紗さんが料理を見るなり「パスタですか」と同店オーナーに聞いてしまうほど、そばを使っているように見えない外見になっている。日本そばをトマトソースと絡めたアマトリチャーナそばは、会津産のそば粉を使ってそばを打ち、ゆで時間は通常より短い20秒にすることで、そばの弾力や風味を失わないようにしているという。

 「そばのつるっとした食感がいい」と吉田さん。「おいしい! 本当にパスタみたいな味」と絶賛。オーナーは「ベースはパスタでそばに合うように少しアレンジしている」と説明した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング