北海道釧路民が愛する秘密のごちそう「ピカタ」 陣内孝則、木野花らが絶賛

ぐるなび / 2014年4月1日 17時10分

写真

レストラン 泉屋

3月27日の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系、毎週木曜午後9時)で、北海道民の秘密のごちそうを特集し、「レストラン 泉屋」(北海道釧路市)を紹介した。

 同店は、昭和34(1959)年創業で、釧路の洋食店では古株の一つに数えられる。北海道民の“秘密のごちそう”である「ピカタ」を提供。ピカタとは、大量のスパゲッティを鉄板の上に乗せ、その上にタケノコ、エノキ、タマネギを加えた鶏ガラだしのトマトソース、チャーシューなどの具材を乗せ、玉子で覆ったメニューのこと。この店では、普通盛りでもパスタが200グラムあり、大盛りは300グラムにもなる。

 料理長によると、ピカタは創業の翌年ごろに社長が考案したものだという。さらに同店には、とんかつがミートソースパスタに乗った「スパカツ」という名物メニューがあり、通はさっぱり塩味のパスタ「泉屋風」を注文するという。

 スタジオで試食した女優の木野花さんは、「トマトソースがくどくなくて、量は多いですけど飽きないのかもしれないですね」とコメント。俳優の陣内孝則さんは「ソースがキモですね。たぶん正義感の強い人が食べていたと思う。“正義のピカタ”」とダジャレを披露した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング