茨城産食材を使った料理が60種類以上も楽しめる産直ビュッフェ

ぐるなび / 2014年4月21日 18時10分

4月18日の「いっぷく!」(TBS系、毎週月~金曜午前8時)は、「いっトク!」コーナーで産直レストランを特集し、茨城県牛久市にある「森の家庭料理レストラン つくば牛久店」を紹介した。

圏央道つくば牛久ICから車で5分ほどのところにある「森の家庭料理レストラン つくば牛久店」では、地元・茨城で生産された産直野菜や肉などを、ビュッフェスタイルで楽しむことができる。家庭料理が中心のメニューは60種類以上もあり、「れんこんのきんぴら」「どきどき手作りソーセージ」などが食べ放題だ。野菜以外にも、地元産の豚肉を使った「しゃぶしゃぶ」や、地元産フルーツを生かしたデザート類も豊富にそろっている。使われる食材は隣接の直売所「ポケットファームどきどき」から仕入れたもので、利用客は食べて気に入った食材を買って帰ることもできる。

利用客らは、「種類が多くて楽しめる」「味が濃くなくて、野菜自体がおいしい」「産直で生産者の顔が見える野菜なので安心して食べられる」などと話していた。フロア店長の千葉智史さんは「地元の農家の生産物を食べていただくことで、お客様に知っていただき、それを買い支えていただくことが我々の役割だと思っています」と語った。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング