有名洋食店が手がけるラーメン 柳原可奈子と鈴木砂羽が堪能

ぐるなび / 2014年4月21日 19時10分

4月20日の「砂羽と可奈子があの街の美味しいギャップ大発見!だけど食堂」(テレビ朝日系、毎週日曜午前9時半)では、「立ち食いだけど女子1人でも行きたくなるお店SP」を放送。タレントの柳原可奈子さんと女優の鈴木砂羽さんが、東京都中央区のラーメン店「たいめいけん」を訪れた。

東京・日本橋にある「たいめいけん」は、昭和6年創業の老舗洋食レストランで、「オムライス」や「ビーフシチュー」でも知られる。しかし、お店の裏側には「麺」という看板が掲げられた立ち食い専門カウンターがあり、ラーメンを食べることができる。初代オーナーがラーメン好きで、洋食店ながら開店当初からメニューにあったが、35年ほど前、一人でも気軽にラーメンを食べられるようにとカウンター店舗をオープンさせたという。ラーメン以外のサイドメニューも充実しており、「ボルシチ」や「コールスロー」などを格安で楽しむことができる。

魚介や豚骨、40種類以上の野菜を使ったしょうゆ味の「ラーメン」を食べた鈴木さんは「ザ・おしょうゆラーメンのすごいスープ。すごい深みがある」とコメント。秘伝の辛ダレと合わせみそを使うスパイシーなスープが特徴の「煮豚ラーメン」を注文した柳原さんは「おー、おいしい! 辛いけれど後味がすごくサラッとしている。新感覚!」と驚いていた。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング