スフレ状のふわふわオムレツが絶品 行列ができるほどの人気のフレンチレストラン

ぐるなび / 2014年4月30日 20時10分

写真

ラ・メール・プラール 横浜みなとみらい店

4月28日の「若大将のゆうゆう散歩」(テレビ朝日系、毎週月~金曜午前9時55分)では俳優の加山雄三さんが横浜・みなとみらい周辺を散策し、“散歩で寄りたいみなとみらいグルメ”として「ラ・メール・プラール」(横浜市西区)が紹介された。

 複合施設「マークイズみなとみらい」の4階にある同店は、世界遺産の仏モンサンミッシェルに本店を構えるフレンチレストラン。看板メニューの「ラ・メール・プラール伝統のオムレツ」は行列ができるほどの人気を集めている。およそ30分混ぜて十分に空気を含ませた卵を、フライパンにバターを溶かして焼き上げると、見た目もふんわりとした卵が食欲をそそる。

 「ラ・メール・プラール伝統のオムレツ」は、ナイフを入れると中から半熟の卵がとろりと出てくるほど柔らかく、一緒に付いてくるラタティーユとスフレ状のふわふわオムレツの絶妙な味わいが楽しめる。行列を避けたい人は平日のディナータイムがオススメという。


話題のお店を追加取材
 「ラ・メール・プラール」の自慢はなんといっても、こだわり抜いた製法のオムレツ。独特のリズムに合わせて卵を30分かき混ぜることで、ふわっとした食感を生み出している。さらにフライパンで卵をじっくり焼いたあと、オーブンに入れて軽く表面を焼くため、外は香ばしく、中はなめらかな味わいに。この手間をかけた作り方が「ラ・メール・プラール伝統のオムレツ」のこだわりなのだ。セットでついてくるココット料理をソース代わりに食べるのが◎。オムレツのシンプルな塩気と絶妙にマッチする。

 そんなオムレツを存分に楽しめる、「伝統的なラ・メール・プラールコース」(3080円 税抜き)が同店のオススメメニュー。オムレツにオードブル、ココット料理、デザート、食後のドリンクがついた、お得でボリューム満点のコース料理だ。

 オシャレな店内と本格的な料理で、世界遺産「モンサンミッシェル」に訪れた気分になれる同店。120年以上も受け継がれている伝統の味をぜひ堪能してみては。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング