新食感で大人気 ニューヨーク生まれの「プレッツェルクロワッサン」

ぐるなび / 2014年5月9日 17時10分

5月7日の「なないろ日和!」(テレビ東京系、月曜~木曜午前9時28分)の、「なないろリサーチ」コーナーで、ニューオープンのお店として、開店から約半年で大人気となっておりパン店「THE CITY BAKERY 広尾店」(東京都渋谷区)を紹介した。

「THE CITY BAKERY」は、ニューヨーク・ユニオンスクエアで1990年に開業して以来、ニューヨーカーはもちろん、海外から訪れる人々に愛され続けているベーカリー。日本でも、その味を再現しており、店内に並ぶ商品も非常に洗練された印象だ。同店の一番人気が「プレッツェルクロワッサン」(310円 税抜き)。カリカリとした食感が特長のドイツ生まれの焼き菓子プレッツェルと、フランスで生まれたフワフワな食感が特長のクロワッサンという、相反する食感が見事に融合して生まれた商品だという。

「プレッツェルクロワッサン」を食したリポーターは、「初めての食感ですね」「外がカリカリとしていて中はもっちり。最初はプレッツェルの味がするけど、クロワッサンの食感もする。まさに新食感ですね」と伝えた。また、スタジオでは出演者らが「ほんのり甘みがあって味が濃く、噛めば噛むほどおいしい」と口を揃えた。さらに、司会の薬丸裕英さんは「ずっと噛んでいたい」とそのおいしさを表現した。

宴会・グルメ情報検索サイト

トピックスRSS

ランキング